ADA

【暗号資産ADA(エイダコイン)】Cardano(カルダノ)のホワイトペーパーをみてみよう

暗号資産ADA(エイダコイン)/Cardano(カルダノ)のホワイトペーパーをみてみよう

こんにちもじゃもじゃ。

仮想通貨/暗号資産に興味を持ち、色々調べていると、「ホワイトペーパー」という言葉をよく見かけるもじゃよね。

暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!
暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!こんにちもじゃもじゃ! 暗号資産ADA(エイダコイン)を知っているもじゃか? Cardano(カルダノ)プロジェクトを知り、...

今回は、ホワイトペーパーについて簡単に説明した後に、暗号資産ADAのホワイトペーパーを見てみるもじゃよ。

初めて仮想通貨/暗号資産のホワイトペーパーを知るであろう初心者の方にも分かりやすく解説をしていくもじゃ。

もじゃめ
もじゃめ
復習にもなるもじゃね!

ホワイトペーパーとは

暗号資産ADA(エイダコイン)のホワイトペーパーを知る前に、まず仮想通貨/暗号資産のホワイトペーパーについて、簡単に説明するもじゃよ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
初めましての人向けで書くもじゃね…
もじゃめ
もじゃめ
何事も基礎からもじゃね!

ホワイトペーパーは、直訳すると「白書」もじゃね。

元々はイギリス政府の発行した報告書に由来しているもじゃよ。

その報告書が白かったところから「ホワイト(白)」な「ペーパー(書)」で、政府の出す公開文書の事を指すようになっていたもじゃ。

そして、政府の出す文章の次に、企業(民間)の発行する報告書に流れがきたもじゃよ。

「企業が発行する報告書」も「ホワイトペーパー」と呼ばれるようになったもじゃな。

そして、今度は「仮想通貨/暗号資産の報告書」も「ホワイトペーパー」と呼ばれるようになったもじゃよ。

もじゃめ
もじゃめ
報告書がホワイトペーパーもじゃね

仮想通貨/暗号資産におけるホワイトペーパーとは

仮想通貨/暗号資産においてホワイトペーパーは、その仮想通貨/暗号資産の企画や構想、そして技術的な内容について書かれているもじゃよ。

そのため、仮想通貨/暗号資産の発行前に内容等を知ってもらうためのアピールポイントとなっているもじゃね。

ホワイトペーパーを読むことにより、その仮想通貨/暗号資産がどのようなものなのかを知る事ができるもじゃな。

ICO(Initial Coin Offering)という仮想通貨/暗号資産のプレセールに参加ときには、そのホワイトペーパーを参考にしたりするもじゃね。

そのため、新たな仮想通貨/暗号資産が誕生する時や既存の仮想通貨/暗号資産を理解したい時にホワイトペーパーを読むことで、どんなものなのか、の全体像を知ることができるもじゃな。

多くのホワイトペーパーは英語で書かれていることが多く、また、技術的(専門的)な事が書かれているため、

初心者の方は読んでもよくわかないなぁ…となるかもしれないもじゃな。

しかし、色々と用語を調べたりしながら読むことにより、その仮想通貨/暗号資産がなにを目指しているのか、がわかるもじゃよ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
専門用語が難しいもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
今回は、何が書かれているのんか、まで知れればOKもじゃ!

仮想通貨/暗号資産ADA(エイダコイン)のホワイトペーパーについて

それでは、暗号資産ADA(エイダコイン)のホワイトペーパーをみてみようもじゃ。
参考:Cardano公式サイト

Cardano(カルダノ)は2015年に仮想通貨/暗号資産のデザインと開発を変えるという精神を持って生まれたもじゃね。

いくつかのイノベーションだけでなく全体に焦点を当て、より持続可能でバランスの取れた「エコシステムの構築」と「システムの統合」を求める声に答えてるもじゃ。

多くのオープンソースプロジェクトの精神に則り、Cardano(カルダノ)は包括的なロードマップや、ちゃんとしたホワイトペーパーがない状態で始まったもじゃね。

デザインや、やり方にこだわるよりも、ベストな実験と探求をエンジニアリングしているもじゃ。

下記が、Cardano(カルダノ)の重要は項目もじゃよ。

  • 会計と計算を違うレイヤーに配置する。
  • 機能的で取り替え可能な中核コンポーネント
  • ピアレビュー研究と競合する小規模の学者および開発者グループ
  • 情報セキュリティの専門家の早期利用を含む学際的なチームの多用
  • ホワイトペーパー間の高速反復、レビュー中に発見された問題を修正するために必要な新しいアップデート
  • ネットワークを破壊することなく展開後のシステムをアップグレードする機能を構築する
  • 将来の仕事のための分散型資金調達メカニズムの開発
  • 合理的かつ安全なユーザーエクスペリエンスを備えたモバイルデバイスで動作できるように、暗号化通貨の設計を改善する長期的視点
  • ステークホルダーの操作とその暗号化の維持
  • 同じ台帳内の複数の資産を考慮する必要性を認識するレガシーシステムのニーズをよりよく満たすために、オプションのメタデータを含むようにトランザクションを抽象化する
  • 意味のある機能を取り入れることで、ほぼ1,000のaltcoinから学ぶ
  • 専用の基盤を使用してインターネットエンジニアリングタスクフォースからインスピレーションを得て、最終的なプロトコル設計をロックダウンする標準駆動プロセスを採用する
    商取引の社会的要素を探る
  • Bitcoinから継承されたいくつかの基本原則を妥協することなく、規制当局が商取引
    とやりとりするための健全な中間地を見つけ出す

全部で13個の重要な項目があるもじゃね。

暗号資産ADA(エイダコイン)/カルダノに欠かせない人物「Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)」とは
暗号資産ADA(エイダコイン)/カルダノに欠かせない人物「Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)」とは色んな経緯があり、暗号資産ETH(イーサリアム)から離れ、現在は暗号資産ADA(エイダコイン)の開発でやるべきこと、をやっているもじゃね。 そんな、チャールズ氏について、今回はどんな人物なのか、をお話するもじゃよ。 当初2人だった彼らのチームは、 現在16カ国以上で160人以上と大規模な組織と成長をしており、 世界中の地域で活躍しているもじゃな。 ...

このような構造化されていないアイデアから、Cardano(カルダノ)に取り組んでいる初期メンバーは、仮想通貨/暗号資産の文献の探索と抽象化のツールセットの構築の両方を開始したもじゃ。

この研究の成果は、IOHKの膨大な論文ライブラリ、この最新のスクリプト言語概要、スマートコントラクトのオントロジー、Scorexプロジェクトなどの多数の調査結果もじゃね。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
専門用語が難しいもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
今回は、何が書かれているのんか、まで知れればOKもじゃ!

さいごに

今回は、仮想通貨/暗号資産ADA(エイダコイン)に関するホワイトペーパーの紹介をしたもじゃよ。

13個の項目を全て理解したいところもじゃね。

今後、掘り下げながら解説・考察していきたいもじゃよ。

暗号資産ADAについてちょっと興味がわいた人は、他の記事も参考にしてもじゃ!

開封式もじゃよ!「ADA Crypto Card」わくわくもじゃ!
【暗号資産ADA】「ADA Crypto Card」を入手!決済に使えるカードもじゃ!カルダノ(ADA)の決済手段としてのカードであるADA Crypto Cardを入手したので、お披露目。...
もじゃめ
もじゃめ
最後まで読んでくれてうれしいもじゃよ!
【仮想通貨税制を変える会】仮想通貨(暗号資産)の最高税率は55%|あるべき形へ変えよう!
【仮想通貨税制を変える会】仮想通貨(暗号資産)の最高税率は55%|あるべき形へ変えよう!こんにちもじゃもじゃ。 今回は、仮想通貨(暗号資産)の税制についてお話するもじゃ。 仮想通貨(暗号資産)に興味がない方も、そ...
闇もじゃめ
闇もじゃめ
発展のためには、税制も変わらないともじゃ…
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です