ADA

暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!

暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!

こんにちもじゃもじゃ!

暗号資産ADA(エイダコイン)を知っているもじゃか?

Cardano(カルダノ)プロジェクトを知り、暗号資産ADAの特徴・将来性等について説明するもじゃよ。

もじゃは、暗号資産XRPも保有してるもじゃけど、ADA(エイダコイン)も保有してるもじゃ!

暗号資産ADA(エイダコイン)は、まだ日本国内の取引所では取り扱いをしていないため、あまり認知度が高くない暗号資産かもしれないもじゃね。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
日本に早く上陸して欲しいもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
認知される前に集めたいから、悩ましさはあるもじゃね!

ADA(エイダコイン)の特徴や将来性について

もじゃの推す、暗号資産ADAの魅力をみんなに伝えたいもじゃ。

ここでは、概要についてしか記載しないもじゃけど、最後まで読んだときに興味を持って、もっと知りたいな!と思ってくれるといいもじゃなぁ…!

今後、大きく伸びる!と思ってるもじゃは、日本の取引所で取引できる前に、たくさん集めたいと考えているところもじゃよ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
TwitterでもADAに関する呟きはXRPに比べまだ少ないもじゃな…
もじゃめ
もじゃめ
2019年は、ADAは熱いと思っているもじゃよ!!!

ADA(エイダコイン)の基本情報

ますは、基本的な情報を、簡単に並べるもじゃね。

初めて暗号資産ADAを知る人向けの記事だと思ってもじゃね。

通貨名 ADA(エイダコイン)
通貨単位 ADA
公開日 2017年10月
発行枚数 450億ADA(市場に流通しているのは320億ADA)
国内取引所 なし(2018年12月現在)
海外取引所 Binance(バイナンス)等多数
公式サイト Cardano(ADA):日本語

基本情報は、上記のとおりもじゃね。

プロジェクトの進捗状況等については、公式サイトで確認することができるもじゃよ!

ところで、ADA(エイダコイン)は通貨単位がADAの暗号資産もじゃね!

名称は「ADA」でBTC(ビットコインの)ようにコインが入っていないもじゃけど、
読み方は「エイダコイン」もじゃよ!

闇もじゃめ
闇もじゃめ
えーでぃーえーって呼んでいたもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
新たに学べてよかったもじゃね!

2017年1月までプレセールが行われ、2017年10月に海外の取引所であるBittrexにおいて取引が始まった、まだまだ新しい暗号資産もじゃね!

2018年12月現在ではBittrex以外にBinanceなど多数の取引所でも購入することができるもじゃよ。

もじゃはBinanceを使ってるもじゃよ。

興味がある方は、「Binance(バイナンス)の使い方」をみて、開設してみてもじゃ!

仮想通貨・暗号資産の取引所「Binance(バイナンス)」の登録方法について
仮想通貨・暗号資産の取引所「Binance(バイナンス)」の登録方法についてこんにちもじゃもじゃ。 今回は、仮想通貨・暗号資産の取引所である 「Binance(バイナンス)」の登録方法について解説するもじゃよ...
闇もじゃめ
闇もじゃめ
一カ所だけなのは、少し不安もじゃしね…
もじゃめ
もじゃめ
使いやすいところ、使えばいいもじゃよ!

ADA(エイダコイン)はどのような暗号資産なのか

暗号資産ADA(エイダコイン)はCardano(カルダノ)という「分散型プラットフォーム」で使用される暗号資産もじゃよ!

開発当初はオンラインカジノ用という目的で開発が始まったことは、有名もじゃね。

しかし、開発の途中でADA(エイダコイン)に多くの機能を持たせるという方向転換したもじゃ。

今じゃ、どのような機能があるのか、日々勉強していないと追いつけないもじゃ。

もじゃも毎日Twitter等から情報を入手し、共有し発信しているから、よかったらTwitterもフォローしてくれると嬉しいもじゃよ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
ADAは特に難解もじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
今回は概要だから、へーってなればいいもじゃよ!

暗号資産ADA(エイダコイン)の開発には、有名な天才数学者の存在があった

暗号資産ADAの名が広まった大きな要因の1つといっても過言ではないと思うのが、世界的に有名な天才数学者「チャールズ・ホンキンソン」が開発に携わっていたということもじゃね。

チャールズ・ホンキンソンがCardano(カルダノ)プロジェクトに参加していたこともあり、誕生した当初にあった「エイダコインは詐欺だ!」等の噂は、良いほうに転換されたのかなと思っているもじゃ。

詐欺だスキャムだ!と声が多かったもじゃけど、今は聞かなくなったもじゃね!

チャールズ・ホンキンソンは、暗号資産ETH(イーサリアム)の開発も手掛けていたもじゃね。

もじゃめ
もじゃめ
彼の名前の影響は大きいもじゃね!
光もじゃめ
光もじゃめ
みんな知っている人もじゃしね!!!

「Cardano Foundation(カルダノ財団)」とは

暗号資産ADA(エイダコイン)の運営等は「Cardano Foundation(カルダノ財団)」が行っているもじゃよ。

「Cardano Foundation(カルダノ財団)」以外に暗号資産ADAに関係するのは、下記の3つの組織があるもじゃね。

カルダノプロジェクトに関わる3つの組織

  1. Carudano Foudation(カルダノ財団):ADA(エイダコイン)の運営・管理
  2. IOHK(Input Outout HongKong):技術開発
  3. Emurgo(エマーゴ):カルダノプラットフォームの宣伝・広報等

Twitterに「EMURGO公式アカウント(日本)」もあるもじゃから、フォローして情報を集めるにはいいかももじゃね!

さらに詳しくしりたい方は、こちら参考にしてもじゃ。

【暗号資産ADA(エイダコイン)】Cardano(カルダノ)プロジェクトが発足した動機とは
【暗号資産ADA(エイダコイン)】Cardano(カルダノ)プロジェクトが発足した動機とはこんにちもじゃもじゃ。 暗号資産ADA(エイダコイン)について概要については大まかにしっているかもしれないもじゃけど、Cardan...
もじゃめ
もじゃめ
英語苦手なもじゃにはありがたい日本の公式宣伝アカウントもじゃ!
光もじゃめ
光もじゃめ
英語学ばないとね!!

暗号資産ADA(エイダコイン)の保管方法について

暗号資産について、大事なのはお財布もじゃね。

取引所に置きっぱなしにして、盗まれた!とかよくニュースになるもじゃけど、自分の資産は、自分でしっかりと守ろうもじゃ。

暗号資産ADA(エイダコイン)の保管は、ダイダロスウォレット等で行えるもじゃな。

もじゃは、ダイダロスウォレットを使ってるもじゃよ。

【簡単ダウンロード】カルダノ・暗号資産ADA(エイダコイン)に必須のダイダロスウォレットとは
【簡単ダウンロード】カルダノ・暗号資産ADA(エイダコイン)に必須のダイダロスウォレットとはこんにちもじゃもじゃ。 暗号資産ADAを保管する際に必ず耳にする財布である「ダイダロスウォレット」についてお話するもじゃよ。 ...
もじゃめ
もじゃめ
詳しく知りたい場合は、こちら参考にしてもじゃ!
暗号資産ADAを利用するためにはデジタルウォレットであるダイダロスが必要もじゃ。
ダイダロスは暗号資産ADAのための堅牢なHDウォレットもじゃね
ウォレットを利用することによってADAの送受金や、自身のトランザクション履歴が閲覧可能となるもじゃよ!

このウォレットは、秘密鍵を用いた高いセキュリティを有しており、送受信の記録などの管理を行うことが可能もじゃね。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
盗まれるとかシャレにならないもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
ちゃんと管理しましょうもじゃ!

他にも「Yoroi Wallet (ヨロイ ウォレット)」というのもあるもじゃよ。

「Yoroi Wallet(ヨロイウォレット)」は、暗号資産ADAの保管や送金を安全かつ素早く行うことができるライトウォレットもじゃね。

Cardano(カルダノ)のプロジェクトメンバーである「EMURGO(エマーゴ)」によって開発されたこのウォレットは、「Google Chrome」の拡張機能としてダウンロードすることができるもじゃよ。

また、日本語にも対応しているため、英語が苦手な人でも安心して利用できるのかなと思うもじゃ。

ダウンロードはこちらから→「ヨロイ ウォレット

闇もじゃめ
闇もじゃめ
どっちがいいもじゃかな…
もじゃめ
もじゃめ
どっちも持っておけばいいんじゃないかな!

Cardano(カルダノ)プラットフォームについて

Cardano(カルダノ)プラットフォームでは、独自のPoS(プルーフオブステーク)アルゴリズムである「ウロボロス」を採用しているもじゃね!

ウロボロスとは、「尾を飲み込む(蛇)」の意味があり、己の尾を噛んで輪となった蛇または竜を指すもじゃね!

名前がかっこいいもじゃ(脱線)。

Cardano(カルダノ)プラットフォームの特徴であるウロボロスについては下記のとおりもじゃよ。

Cardano(カルダノ)はウロボロスと呼ばれる
革新的なプルーフオブステークアルゴリズムを使用しており、
個人ノードがネットワークの意思決定プロセスに関われるようになります。
アルゴリズムはADAをサポートする上で欠かせないインフラであり、
ブロックチェーン技術において革新的なイノベーションです。
ウロボロスはエネルギーを大量に消費するプルーフオブワークプロトコルを
一新するもので、
これは今までブロックチェーンをより幅広くスケールするための障害となっていました。IOHKのチーフサイエンティストである
アゲロス・キアイアス教授率いる研究チームによって設計され、
学会にて査読を受けています。
ウロボロスはその証明可能安全性を初めて科学的に証明した
プルーフオブステークプロトコルです。
ウロボロスのセキュリティのレベルはビットコインのブロックチェーンと比較して行われ、微塵の妥協もしていません。
※出典:公式HPから

他にも、特徴はたくさんあるもじゃから、気になる方は公式サイトを片っ端からみてみようもじゃね。

暗号資産ADA(エイダコイン)/Cardano(カルダノ)のホワイトペーパーをみてみよう
【暗号資産ADA(エイダコイン)】Cardano(カルダノ)のホワイトペーパーをみてみようこんにちもじゃもじゃ。 仮想通貨/暗号資産に興味を持ち、色々調べていると、 「ホワイトペーパー」という言葉をよく見かけるもじゃよね。 今回は、ホワイトペーパーについて簡単に説明した後に、 暗号資産ADAのホワイトペーパーを見てみるもじゃよ。 初めて仮想通貨/暗号資産のホワイトペーパーを知るであろう初心者の方にも 分かりやすく解説をしていくもじゃ。 ...

最終的な目標は「30億人の財布」を実現する明かされているもじゃ。

これは全世界の難民(約30億人とされている)が、自由に資産を保管・貯蓄できる世界を目指す、という意味もじゃな。

素敵な取り組みだと、思わないもじゃか?

もじゃめ
もじゃめ
夢のあるプロジェクトもじゃね!
光もじゃめ
光もじゃめ
輝きが眩しいもじゃ!!!

独自のスマートコントラクト「Plutus(プルータス)」とは

Cardano(カルダノ)では、独自のスマートコントラクト「Plutus(プル―タス)」を取り入れているもじゃね。

これは暗号資産イーサリアム(ETH)に匹敵・圧倒するものだという声もあるもじゃよ。

暗号資産ビットコイン(BTC)と同様の知名度がある暗号資産イーサリアム(ETH)もじゃけど、そのETH以上のセキュリティと機能性を目指して開発されていると公表されているもじゃ!

また、Plutus(プル―タス)は個人情報などの情報についてもブロックチェーン上に記録する予定としているもじゃね。

もともと、暗号資産ETH(イーサリアム)を開発したチャールズ・ホスキンソン氏が開発に関わっているもじゃから、信頼性の高いシステムが開発されていると考えてもいいもじゃね。

暗号資産ADA(エイダコイン)/カルダノに欠かせない人物「Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)」とは
暗号資産ADA(エイダコイン)/カルダノに欠かせない人物「Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)」とは色んな経緯があり、暗号資産ETH(イーサリアム)から離れ、現在は暗号資産ADA(エイダコイン)の開発でやるべきこと、をやっているもじゃね。 そんな、チャールズ氏について、今回はどんな人物なのか、をお話するもじゃよ。 当初2人だった彼らのチームは、 現在16カ国以上で160人以上と大規模な組織と成長をしており、 世界中の地域で活躍しているもじゃな。 ...

今後の期待についてもじゃ!

Cardano(カルダノ)は、大きく分けて5つの開発段階が発表されているもじゃね。

随時公式HPで進捗状況が記載されているもじゃよ。

今後のロードマップが厳密にいつ達成されていくかは不透明な部分があるもじゃけど、
開発の進捗状況が随時公式HPで確認できるのは、信頼の高いこともじゃね。

様々な機能を組み込むADA(エイダコイン)は、1,000以上のアルトコインから長所を学習して組み込むとホワイトペーパーにも書いてあるもじゃね。

数ある暗号資産のいいところをかき集めるとは、良いとこどりもじゃね!

【暗号資産】大切な財布「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」でカルダノ・ADA(エイダコイン)が対応間近!
【暗号資産】大切な財布「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」でカルダノ・ADA(エイダコイン)が対応間近!こんにちもじゃもじゃ。 暗号資産/仮想通貨をお持ちの方は 「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」をご存知もじゃかな。 ...

ホワイトペーパー以外にも公式が発表していることも多くあるので、色々なところから情報を入手し、進捗を確認していきたいもじゃね!

最後に

今回は、ADA(エイダコイン)等についての概要について書いたもじゃよ。

専門用語等についてわかりやすくは解説していないもじゃけど、別の記事で詳しく書くつもりもじゃよ。

まずは、興味を持ってほしい、その入り口の記事だと思ってくださいもじゃ!

そうそう、「ADA Crypto Card」というものもあるもじゃよ!

日本人で持っている人はまだ少ないんじゃないかなぁ…

よかったら、リンク張っておくので、そちらの記事も参考にしてもじゃよ!

開封式もじゃよ!「ADA Crypto Card」わくわくもじゃ!
【暗号資産ADA】「ADA Crypto Card」を入手!決済に使えるカードもじゃ!カルダノ(ADA)の決済手段としてのカードであるADA Crypto Cardを入手したので、お披露目。...
もじゃめ
もじゃめ
最後まで読んでいただきありがもじゃもじゃ!
光もじゃめ
光もじゃめ
ADA仲間になろうもじゃ!
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です