ADA

暗号資産ADA(エイダコイン)/カルダノに欠かせない人物「Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)」とは

暗号資産ADA(エイダコイン)/カルダノに欠かせない人物「Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)」とは

こんにちもじゃもじゃ。
今回は、暗号資産ADAを語るには必須の人物である
「Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)」についてお話するもじゃよ。

もじゃめ
もじゃめ
重要人物もじゃよ!
光もじゃめ
光もじゃめ
いい顔したチャールズ氏もじゃね!!!
暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!
暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!こんにちもじゃもじゃ! 暗号資産ADA(エイダコイン)を知っているもじゃか? Cardano(カルダノ)プロジェクトを知り、...

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)について

みなさんは、Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏(以下、「チャールズ氏」と呼ぶ)をご存知もじゃか?
昔から仮想通貨/暗号資産についての情報を入手している方であれば、
暗号資産ETH(イーサリアム)の共同設立者であるというところで名前を聞いたことがあるかもしれないもじゃね。
色んな経緯があり、暗号資産ETH(イーサリアム)から離れ、現在は暗号資産ADA(エイダコイン)の開発でやるべきこと、をやっているもじゃね。
そんな、チャールズ氏について、今回はどんな人物なのか、をお話するもじゃよ。

謎もじゃめ
謎もじゃめ
初めて聞く人いるもじゃ?
もじゃめ
もじゃめ
熱い男もじゃよ!

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)と暗号資産ETH(イーサリアム)について

暗号資産ETH(イーサリアム)の共同設立者であり、
暗号資産ADA(エイダコイン)の発案者でもある、天才数学者もじゃよ。
イーサリアムの共同設立者であったもじゃけど、団体の運営方針について意見がわかれ、イーサリアムから離れたことは有名な話もじゃね。
どのような運営方針の意見だったかというと、
「営利団体として運営すべきだという意見」と「非営利団体として運営すべきという意見」
で対立があったもじゃな。
チャールズ氏は営利団体の案に賛成してたもじゃけど、
非営利の案が採用されたことにより、プロジェクトから離れることになったもじゃよ。

もじゃめ
もじゃめ
内部の揉め事もじゃね。

チャールズ氏は「どうしてイーサリアムから離れることを決めたのか?」という質問を受けた際に、
「イーサリアム」に勤めていた時の経験を語り、
財団を離れた理由について説明したことがあるもじゃよ。
チャールズ氏はイーサリアム財団には
「厳格な企業構造と規律の欠如があった」と述べていたもじゃな。
そして、運営にあたっては非常に多くの『わがまま』が生み出した問題があった、
と説明したことがあったもじゃね。
運営と意見があわないことから、チャールズ氏はイーサリアムから離れていったもじゃな。

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)と暗号資産ADA(エイダコイン)について

先ほど、イーサリアムから去った話をしたもじゃね。
それから、暗号資産ADAの発案に至るまでに、チャールズ氏は何を思っていたのか、
をみなさんに知ってもらいたいもじゃよ。
チャールズ氏はイーサリアム等の開発において、まだ素晴らしい経験をしていないことに不満を感じてたもじゃよ。
チャールズ氏は「仮想通貨/暗号資産業界に戻る」のか、
それとも「違う道を歩むのか」を真剣に悩んでいたもじゃよ。
真剣に悩んだ結果、
仮想通貨/暗号資産業界で私のやるべきことはまだ残っている』と気づいたもじゃ。

もじゃめ
もじゃめ
ADAの登場もじゃよ!
光もじゃめ
光もじゃめ
やりたいことやろうもじゃ!

そうしてチャールズ氏は、
2015年にイーサリアムで一緒に働いていた「Jeremy Wood(ジェレミー・ウッド)」氏と共にInput Output Hong Kong(IOHK)を設立したもじゃよ。
そして、その後チャールズ氏達は日本で契約を結び
CARDANO(カルダノ)」が誕生したもじゃね。
当初2人だった彼らのチームは、
現在16カ国以上で160人以上と大規模な組織と成長をしており、
世界中の地域で活躍しているもじゃな。
また、チャールズ氏は香港を拠点(移転中)とするブロックチェーンの研究機関「Input Output Hong Kong(IOHK)」のCEOを務めているもじゃよ。
数学者として天才的なチャールズ氏の思いの詰まった開発である
プラットフォーム「CARDANO(カルダノ)」や
暗号資産ADA(エイダコイン)」は、世界中から注目を浴びているもじゃね。
もじゃも、非常に注目しているもじゃよ。

チャールズ氏のTwitter情報は非常に有益もじゃよ

そんなやりのこしたことを全力で取り組んでいるチャールズ氏のTwitterは非常に面白いもじゃよ。
たまに、おいおい、そんな重要な内容話しちゃって大丈夫?
と思うような情報もよく彼の口からこぼれるもじゃ。
最近気になったツイートを1つご紹介するもじゃね。

Goodニュースが、近々あることを呟いているもじゃね。
なにかな、なにかな、と暗号資産ADAホルダー等は気になっているもじゃ。
もしかしたら、公式サイトの研究の進み具合が関係しているかもしれないもじゃね。
ロードマップはこちらから→公式カルダノ「ロードマップ

さいごに

今回は、暗号資産ADAの話をするには欠かせない重要な人物である
「Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)」についてお話したもじゃ。
非常に熱い気持ちをもった、天才数学者もじゃね。

暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!
暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!こんにちもじゃもじゃ! 暗号資産ADA(エイダコイン)を知っているもじゃか? Cardano(カルダノ)プロジェクトを知り、...
もじゃめ
もじゃめ
今後の活躍に期待もじゃ!
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です