生活・日常

アレルギー検査を受けてみたもじゃよ!猫や花粉等、思い当たる節があったけど、驚くべき結果が!!!

アレルギー検査をしてみた結果もじゃ!

こんにちは、もじゃめだよ!
みなさんは、アレルギー検査を受けたことがあるもじゃか?
もじゃは、なんとなく花粉症だなとか、猫がいると痒いな、とか思っていたけれども、
ちゃんと検査を受けたことがなかったもじゃ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
ほんと、憂鬱になるもじゃ…

スギ花粉…一般的には2月~4月と思われていますが、意外と量も種類も多いのが5月みたいもじゃね。
もじゃは特にスギ花粉には悩まされていたので、これはスギ花粉アレルギーだ!
と検査をしなくとも、鼻水の量や目の痒みで、なんとなく持っていると思っていたもじゃ。

もじゃめ
もじゃめ
みんなも、なんとなくこれはアレルギーかな?
と思っているのあるんじゃないもじゃ?

もう一つ確信があってアレルギーだ!と思っていたのは、猫アレルギーもじゃ。
もじゃ母に、もじゃが小さなころから「あなたは猫アレルギーなのよ」と、
言われ育ってきたもじゃ。
理由を聞いたところ、
「赤ちゃんのときに、猫を触ったら、顔が真っ赤に腫れた」とのことだったもじゃ。
そんなわけで、猫かわいい…触る…痒い…触った…痒い気がする…
そして、気づけば、猫をみると痒くなる域にまで達していたもじゃ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
猫好きなのに…かわいいのに…
もじゃもじゃ…

なぜ今回、何十年とアレルギー検査をしてこなかったのに、
病院嫌い、注射こわいなもじゃが検査を受けてみたかというと、
10月上旬くらいに、なんだかスギ花粉の時と似ているような症状で、
鼻水と痰が詰まる感覚があり、いろいろと調べてみると、
ブタクサ関係でのアレルギーかもしれないと思ったからもじゃ。
ちょっと辛いだけなら、我慢かなと思っていたもじゃけど、
頭はぼーっとするし、仕事にならないな、と思ったからもじゃ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
頭がぼーっとして、辛かったもじゃ…

そんなもじゃが、頑張って血液検査をし、実施したアレルギー検査について、
結果を発表するもじゃよ。

もじゃめ
もじゃめ
初体験は、わくわくもじゃね♪

アレルギー検査をしてみた結果もじゃ!

満を持してアレルギー検査を実施したもじゃが、どんな内容の結果になったのか、発表するもじゃよ。
アレルギーは、日常生活に様々な影響をもたらすもじゃよね。
アレルギーの原因(アレルゲン)の特徴を知り、例えば原因となる食物を食べないように心がける、ソフト面からの対応を行うことによる除去・回避ができれば、生活の質を向上させることができるかももじゃね。
そういわれると、ちゃんと検査したことがないな、という人にもわかりやすく説明したいもじゃ!

もじゃめ
もじゃめ
それでは結果をみていくもじゃよ!

アレルギー検査をしてみた結果もじゃ!アレルギー検査を受けて、一枚A4サイズで結果が返ってきたもじゃ。
全体像としては、こんな感じもじゃ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
アレルギー名がたくさんあり、
謎な数値がありと、
しっかりみていかないとよくわからないもじゃ…

では、拡大してみていくもじゃよ!

アレルギー検査結果にかいてある、IgE値ってなにもじゃ?

まず最初に、検査項目「IgE値」、測定値「717」と書いてあったもじゃ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
初めて聞いた言葉もじゃ…

アレルギー検査結果にかいてある、IgE値ってなにもじゃ?
ここで、いきなり知らない単語がでてきたもじゃね。
大文字のI(アイ)なのか、L(エル)なのかすらわからない単語もじゃ。
IgE(アイ・ジー・イー)とは、免疫グロブリンE(Immunoglobulin E)の略称で、アレルギー反応に関係する抗体のことを指すようもじゃよ!
え?よくわからないって?そうもじゃよね。
これでなるほど、となれば苦労はしないもじゃ。
簡単にいうと、IgE値とは、「全体的なアレルギーのおこりやすさの値」だと思ってくださいもじゃ。
なるほど、理解できたもじゃね。

IgE値を詳しくしりたいもじゃ

先ほど、IgE値とは、「全体的なアレルギーのおこりやすさの値」だと学んだもじゃね。
では、もじゃの数値は、高いのか?低いのか?と疑問に思うもじゃね。
結果だと、IgE値は、717となっていたもじゃ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
高いのか低いのかすらわからないもじゃ…

なんと、ご丁寧に基準範囲についての説明があったもじゃよ。
IgE値を詳しくしりたいもじゃ「非特異的IgE」という欄があるもじゃ。
呼び方はいろいろあるみたいもじゃけど、どうやらこの欄をみたらいいらしいもじゃね。
ふむふむ、もじゃは7歳以上だから…基準値は…
170以下ね…ん…。
おや?4.1倍の基準越えもじゃか!?!?!?
となると、もじゃは、全体的なアレルギーのおこりやすさの値は、
通常の約4倍!もじゃか!?

闇もじゃめ
闇もじゃめ
詰んだもじゃ…

焦っていろいろ調べたもじゃけど、IgE値とは、個人差がどうしてもあるようで、
健康診断等でみられる正常値といった値を示すわけではないみたいもじゃ。
成人でアトピー性皮膚炎患者では、IgE値は1万を超える場合もあるらしいが、
症状の強さと一致するわけではないらしいもじゃね。
じゃあ、なんの数値なんだ…いくら調べても疑問のままで、
まぁ、ちょっとした参考にしてくださいよ、くらいのイメージで次に進むもじゃよ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
相変わらず雑もじゃね…
もじゃめ
もじゃめ
気軽にいこうもじゃ!

ハウスダストや犬猫、スギ等の検査結果についてみてみるもじゃよ!

さて、IgE値はよくわからなかったもじゃけど、次の検査項目については、
視覚的に理解しやすいもじゃよ!
なじみのある「ハウスダスト」「猫・犬」「ゴキブリ」「スギ」「ブタクサ」等の、もじゃが知りたかった検査結果の発表もじゃ!

もじゃめ
もじゃめ
ここからは、見るだけでも理解できそうもじゃ!

ハウスダストや犬猫、スギ等の検査結果についてみてみるもじゃよ!
ハウスダストや犬猫、スギ等の検査結果についてみてみるもじゃよ!じゃじゃんもじゃ!
数値の読み方ついても、再度画像を載せましたので、参考にしながら見てみようもじゃ!
「0.27未満」は陰性とな。
その場合、クラスは「0」となるもじゃね。
「0.27以上0.50未満」は疑陽性もじゃね。
そして、クラスは「1」となるもじゃね。
クラスが「2」から陽性となり、
もじゃくん、君はアレルギー反応がありますねぇと言われるもじゃね!

もじゃめ
もじゃめ
クラス2以上に要注意みたいな、感じもじゃね!

理解したもじゃ。気になるところをピックアップして検査結果をみてみるもじゃよ!
ん?ネコが…0.27未満…もじゃ?
見間違いもじゃ?みま、みまち、見間違ってないもじゃ!!!!!
なんだったんだ!20数年間猫アレルギーだと思っていたのは、なんだったんだ!!!
いや、薄々は気づいていたんだ。あれ、これは思い込みなんじゃないか…と。
かわいいけど触れない…(吐血)、と生きてきた時間!返して!ままーーーーー!!!!
おっと、あまりにもびっくりして…いったん落ち着こうもじゃ。
いいんだ、今回は猫アレルギーかどうかを調べるために検査をしにいったのではないもじゃ。
残りの余生で、猫を愛でまくればいいじゃないかもじゃもじゃ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
錯乱してしまったもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
そんなときもあるもじゃね!

そうしよう。さて、本題のスギやブタクサ等の欄をみていくもじゃよ!
スギ花粉は、断トツでアレルギーですと主張しているもじゃね!
16.4という数字は、あと少しでもう1つランクが上がる数字もじゃ。
どうりで、毎年、かなりきつかったもじゃ…
でも、花粉症を抑える薬をもらいに通院したのは、2018年、そう、今年が初めてで、意地でも病院いっていなかったもじゃ…

闇もじゃめ
闇もじゃめ
次のスギ花粉シーズンも、ちゃんと通院してお薬もらうもじゃ…

そして、今回気にしていたブタクサについてみてみると、確かに反応はあるもじゃけど、クラス2となっており、スギに比べると大したことがないもじゃね。
それよりも、聞いたことのないアルテルナリアやカモガヤなどのほうがクラス3となっているもじゃね。

反応のあった検査項目について調べてみたもじゃ!

本来の検査目的であった、ブタクサはしっかりと反応していたもじゃけど、他にも反応している検査項目がいくつかあったから、せっかくなので調べてみたもじゃよ!

もじゃめ
もじゃめ
上から順にみていくもじゃよ!
吸引系の検査項目について
アルテルナリア

”一言でいうとカビ”
喘息重症化との関係が明らかになっているらしいもじゃ。

いきなり、調べた結果がおそろしいもじゃ…
アレルギー反応は、今まで感じたことはないもじゃけど、カビに注意ってことで生活していくことにするもじゃね。

マラセチア(属)

”一言でいうと真菌”
アトピー性皮膚炎との関連性があるとのこともじゃ。

確かにもじゃは、子羊だったころアトピーで非常に悩んでいたもじゃ。
漢方薬で治そうと試みた結果、約1年くらい顔や腕から膿のようなものが出続け、
包帯ぐるぐる巻きで過ごしていた時期があったもじゃ。
それゆえ、ミイラがいると、いじめられた記憶が…

闇もじゃめ
闇もじゃめ
パンドラの箱が開きかけたもじゃ…

やめよう…次にいくもじゃよ!

スギ

”一言でいうとスギ”
スギ花粉が原因で起こるアレルギーもじゃね。
くしゃみ・鼻水・鼻ずまり・眼の痒み・涙目などの症状があるもじゃね。

スギによるアレルギーがつらいのはおもいっきり体感していたからわかっているもじゃ。
マスクしても無駄。目薬は涙で流れる。ほんと、毎年憂鬱なのがスギ花粉もじゃ。
薬をもらいにもじゃは通院するもじゃよ。

ヒノキ

”一言でいうとヒノキ風呂(嘘)”
ヒノキの花粉はスギ花粉とほぼ同じ時期らしいもじゃ。
しかし、通常スギのほうが早く花粉が飛ぶらしいもじゃね。

なんと、スギとヒノキのダブルパンチを毎年くらっていたもじゃね。
症状はスギとほぼ変わらないので、省略するもじゃよ。

ブタクサ

”一言でいうと草”
秋の時期の花粉症もじゃね。
風邪と似たような症状らしいもじゃ。

今回、検査を受けてみようと思ったきっかけのブタクサ。
確かに、風邪っぽい症状で、市販の風邪薬を飲んでも治らなかったので、
気になって調べたのが秋の花粉、ブタクサだったもじゃ。
ブタクサのおかけで、猫アレルギーでないことがわかったから、許すもじゃよ。

カモガヤ

”一言でいうと花粉”
カモガヤは、いたるとこに生育しているもじゃ。
GW時期~梅雨の時期の花粉症のようもじゃ。

カモガヤは初めて聞いた単語もじゃ。
イネ科の雑草で、どこにでも生えているみたいもじゃね。
しかし、スギ等と違い、遠くまで花粉が飛ぶわけではないみたいもじゃよ。

オオアワガエリ

”一言でいうと花粉”
カモガヤとほぼ同じ内容のオオアワガエリもじゃ。
イネ科の植物もっじゃね。

こちらも初めましての単語もじゃ。
カモガヤと似ているので、省略するもじゃね。

食餌系の検査項目について
小麦

”え、小麦!?うそん。”
小麦って、麺類とかパンとか、ケーキも!?

測定値がぴったり0.27ゆえにクラス1「疑陽性」となった小麦もじゃ。
もじゃは、もじゃは食べることが特に大好きで、さらに言えば、小麦系は、大好物もじゃ…
数値が大きくなくてよかった…
特に、食べ物で困ったことはなかったもじゃし、食餌系では、唯一ひっかかったのがこの小麦だけもじゃ。
これからも、たくさん食べていくもじゃ!!!

闇もじゃめ
闇もじゃめ
最近、おなか周りの肉が気になるもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
ほんと、痩せないとまずいもじゃよ!

おわり

今回は、思わぬ発見ができたアレルギー検査だったもじゃね。
猫に触れる、避けなくていいとわかっただけでも大儲けもじゃ。
もし、猫アレルギーかなと思っているけどちゃんとした検査を受けていない人は、検査してみることをすすめるもじゃよ。
値段も、1万円以下でできる検査あるもじゃしね。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
猫のくだりは、一生忘れられないもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
思わぬ発見もあるもじゃね!
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です