暗号資産

ブロックチェーン(分散型台帳技術)とはなにもじゃ?仮想通貨・暗号資産との関係性等も気になる言葉もじゃね!

ブロックチェーン(分散型台帳技術)とはなにもじゃ?暗号資産との関係性等も気になる言葉もじゃね!

こんにちもじゃもじゃ。
最近よく聞く、ブロックチェーンってなんだろうもじゃね?
ブロックチェーンとは、分散型台帳技術のこともじゃ!

もじゃめ
もじゃめ
よく聞くけど、
なんだろうって思ってる人多いと思うもじゃ!
謎もじゃめ
謎もじゃめ
分散型ってなにもじゃ?

【Weblio辞書】
分散型とは、複数のコンピュータなどに分散して機能を持たせることもじゃ。
または、それで一つの機能を動作させる考え方もじゃ。
集中型の反対の言葉として用いられるもじゃね。

謎もじゃめ
謎もじゃめ
じゃあ、台帳てなにもじゃ?
もじゃめ
もじゃめ
台帳とは、例えば、
商店などにおいて、売買の金額などを記しておく帳簿をイメージするといいもじゃね!
記録簿もじゃ!
光もじゃめ
光もじゃめ
複数のコンピュータなどに分散した記録簿もじゃね!
みんなで管理してるってこともじゃね!
もじゃめ
もじゃめ
みんなで視てるぞ!ってところ、ポイントもじゃね!

ブロックチェーンときくと、一緒になって耳にするのは、暗号資産(仮想通貨)という言葉もじゃね。
ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)は密接な関係があるもじゃ。
暗号資産(仮想通貨)の歴史を語るには、しっかりと理解しなければならない言葉、
それがブロックチェーンもじゃね!

では、ブロックチェーンとはなにか、を知っていこうもじゃ!

闇もじゃめ
闇もじゃめ
専門用語は、なるべく説明書きしてもじゃね…

ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)についてもじゃ!

ブロックチェーンと聞くと、ビットコインだ!とか、仮想通貨危険!みたいなイメージないもじゃ?
ビットコインの開発の過程で生まれたのが、ブロックチェーンもじゃ!
ビットコインでの取引を記録する台帳(分散化)を実現するための技術がブロックチェーンもじゃね!

もじゃめ
もじゃめ
「ブロックチェーン≠ビットコイン」もじゃよ!

ビットコイン以外の多くの暗号資産(仮想通貨)もブロックチェーンを技術の基盤としているもじゃね!

謎もじゃめ
謎もじゃめ
全ての暗号資産にブロックチェーンが使われているもじゃ?
もじゃめ
もじゃめ
それが、そういうわけではないもじゃよ!

例えば、ブロックチェーンを使わないDAG(Directed Acyclic Graph)型の暗号資産(仮想通貨)などもあるもじゃよ!

光もじゃめ
光もじゃめ
暗号資産で言えば、「IOTA」があるもじゃね!

他にも、XRPはブロックチェーンではないとされているもじゃね!

ブロックチェーンの仕組みについてもじゃ!

それでは、ブロックチェーンの仕組みについてみていこうもじゃ!

もじゃめ
もじゃめ
専門用語が多くなりそうもじゃ!
闇もじゃめ
闇もじゃめ
わかりやすく…わかりやすくお願いもじゃ…

暗号資産(仮想通貨)を送る際の取引履歴のデータのことを「トランザクション(Transaction)」というもじゃよ!

もじゃめ
もじゃめ
商品を渡して、その代金を受け取って…までのような感じもじゃね!

そして、一定数のトランザクションをよっこらせと格納したものを
「ブロック(Block)」というもじゃよ!

もじゃめ
もじゃめ
取引履歴のかたまりもじゃか!?

よくある例えとしては、
銀行の預金通帳で考えると、
「トランザクション」は預金・引き出しなどの取引履歴のことを指して、
「ブロック」は複数の取引履歴をまとめた通帳の1ページといったイメージもじゃ。

光もじゃめ
光もじゃめ
通帳はわかりやすい例もじゃね!!!

取引によって新たにつくられたブロックや、
それにまた続くブロックに様々な情報が取り込まれる流れを
「承認(Confirmation)」というもじゃ!

謎もじゃめ
謎もじゃめ
承認ってどんなイメージもじゃ?
もじゃめ
もじゃめ
承認とは、取引が完了しました!
みたいなイメージもじゃよ!

ブロックが次々と鎖(チェーン)のように連なり、それが
「ブロックチェーン」もじゃよ!

光もじゃめ
光もじゃめ
ブロックが鎖のように、連鎖もじゃね!!!
まとめ

1 暗号資産(仮想通貨)の送付にともない、トランザクションを新規に作成もじゃ!
―例 取引履歴のようなイメージもじゃね!
2 複数のトランザクションが一つのブロックに取り込まれるもじゃ!
―例 通帳の1ページみたいもじゃ!
3 ブロックが次々と生まれ、つながり、チェーンとなるもじゃ!
―例 ブロック~ブロック~ブロック~

マイニングってよくきくもじゃけど、なにもじゃ?

ブロックチェーンについて学ぶと、マイニングって言葉がよく出てくるもじゃね。

謎もじゃめ
謎もじゃめ
採掘もじゃ?
なにを掘ってるんもじゃ?

ブロックの生成には、コンピュータによる膨大な計算が必要となっているもじゃ。
この計算による作業のことを「マイニング(Mining)」と呼ぶもじゃね!

もじゃめ
もじゃめ
新たなブロックを生成するためには困難な計算が伴うことから、
宝を探すため鉱山を掘っているようなので、採掘(マイニング)と呼ばれてるもじゃね!

マイニングを行う個人のことを「マイナー(またはソロマイニング)」、
マイニングを行っている団体に出資等し、代わりにマイニングをしてもらうことを「クラウドマイニング」、
集合で行うグループは「マイニングプール(またはプールマイニング)」と呼ばれているもじゃ!

光もじゃめ
光もじゃめ
ソロマイナーが一番報酬がありそうもじゃね!!!

マイニングの報酬として暗号資産(仮想通貨)が新規発行されるもじゃ!
それは、最も早く正しくブロックを生成したマイナーに付与されるもじゃよ!

もじゃめ
もじゃめ
鉱山で金を見つけた人が手に入れる感じもじゃね!

大掛かりなマイニングには、それ相応の専用のマシンが必要となってくるもじゃね。
そうすると、大量の電気の消費が発生することになるもじゃ。
個人の力では一番早く金を掘れない…となれば、自分でマイニングする代わりにマイニング企業に資金等を提供し、出資分等に応じて配当をもらう方法があって、それが先ほど簡単に説明をした「クラウドマイニング」と呼ばれるものもじゃよ!

光もじゃめ
光もじゃめ
個人の力では、限界あるもじゃね!

ブロックチェーンの特徴はなにもじゃ?

ブロックチェーンについては説明したもじゃから、次はその特徴について知ろうもじゃ!
暗号資産(仮想通貨)の多数は、中央管理者を置かずに分散化されたノード(ネットワークに能動的に接続されている電子デバイスやコンピュータなど)でデータがそれぞれ保管されているもじゃ。

謎もじゃめ
謎もじゃめ
みんなで同じ情報を共有しているから、中心となる管理者がいないってこともじゃ?
もじゃめ
もじゃめ
様々な端末がそれぞれ結びついているもじゃね!それが分散型もじゃ!

複数端末間でP2Pで通信をし、利用者全体でデータを管理する「分散型ネットワーク」を採用しているもじゃ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
P2Pってなにもじゃ…PSPなら昔もってたもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
簡単にまとめてみるもじゃね!

一般的なインターネットは、サーバーで処理された内容をクライアントから利用する通信をおこなっているもじゃよ。
サーバーとは、インターネット上にあるプログラムが動いている、とても性能のいい計算機(パソコン)をイメージしてもじゃ。
クライアントとは、みんなが持っているパソコンやスマートフォンのことを指すもじゃね!

闇もじゃめ
闇もじゃめ
P2Pは一般的でないなら、なんなのもじゃ?
もじゃめ
もじゃめ
サーバーとクライアントの関係ではなく、
クライアント同士が繋がることで処理をしているのがP2Pもじゃ!
光もじゃめ
光もじゃめ
身近なものでつながっているもじゃね!

ブロックチェーンにて取引を記録する際に取引データがネットワーク上に公開され、
繋がっているみんなで取引記録が正当なのかを検証することによって、
二重支払いなどの不正記録を取り除く(見抜く)のが容易になるといった特徴があるもじゃね。

みんなで正しいか確認してるもじゃね!

大量に分散化されたノードで取引データが保管されているから、
例えばどこか一部のノードで記録の改ざんが行われたとしても、
ネットワーク全体の記録まで改ざんすることは非常に困難とされているもじゃ。

もじゃめ
もじゃめ
分散化されているからもじゃね!

さらに言えば、一部のノードがサイバー攻撃を受けてデータが破壊された場合でも、
他のノードにおいて同じデータが保存されているから、
データの復旧が可能もじゃよ!

光もじゃめ
光もじゃめ
データが消えちゃうのはいやもじゃね!

全てのノードが同時にサイバー攻撃されない限りはブロックチェーンのサービス停止はほぼないといってもいいもじゃ。
専門用語でいえば、「ゼロダウンタイム」もじゃね!

もじゃめ
もじゃめ
システムが停止していない時間がないってこともじゃね!

ブロックチェーンの種類はなにがあるもじゃ?

さて、ブロックチェーンには、どんな種類があるもじゃかな。
ネットワーク管理者や参加者の特徴に応じてブロックチェーンは大きく3種類に分けられるもじゃ。
パブリック型」、「プライベート型」、「コンソーシアム型」の3種類もじゃね!

闇もじゃめ
闇もじゃめ
もうすでに頭がもじゃもじゃもじゃ……
もじゃめ
もじゃめ
3種類を簡単にみようもじゃ!

パブリック型」は、ブロックチェーンネットワークに管理者が存在しないもじゃ。
世界中の誰でもネットワークに参加し、取引台帳の記録と承認をすることができるもじゃ。
ビットコインなど多くの暗号資産(仮想通貨)は、パブリック型のブロックチェーンを利用しているもじゃね!

もじゃめ
もじゃめ
イーサリアムもパブリック型もじゃ!

プライベート型」と「コンソーシアム型」のブロックチェーンには管理者が存在するもじゃ。
管理者・参加者ともに単一の組織・グループに限定されるのが「プライベート型」で、
管理者の許可により複数の団体や組織が参加することが可能なのが「コンソーシアム型」と呼ばれているもじゃ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
権限が一つに集中しているのがプライベート型もじゃかな…
もじゃめ
もじゃめ
信頼できる代表者に任せているのがコンソーシアム型のイメージもじゃね!

「パブリック型」の場合はネットワークが分散化されているため、参加者が増えれば増えるほど取引記録の改ざんが困難になるもじゃ。
「プライベート型」や「コンソーシアム型」では参加者の意見の一致(合意)がより取りやすいため、取引の承認スピードが大幅に向上されるもじゃ。
特に「コンソーシアム型」では、信頼される参加者によって取引の承認が行われるため、
記録や承認の安全性もある程度担保されているから、
スピードと効率が両立できる点もあり、金融機関の決済などに有力視されているもじゃね!

もじゃめ
もじゃめ
XRPはプライベート型もじゃね!
光もじゃめ
光もじゃめ
金融機関の決済などに有力視されているとは、
目が離せない市場もじゃ!!!

終わりもじゃ

今回は、ブロックチェーンについて、簡単にだけど、お話したっもじゃよ!
これで、ブロックチェーンの理解の入り口には立てたと思うもじゃ!

もじゃめ
もじゃめ
おつかれさまもじゃ!
光もじゃめ
光もじゃめ
ブロックチェーン技術の未来は、明るいもじゃね!
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です