定義

【手作り】ハントメイド作品の定義|ぬくもりのある作品を作りたい!

【手作り】ハントメイド作品の定義|ぬくもりのある作品を作りたい!

こんにちもじゃもじゃ。

みなさんが思う「ハンドメイド作品」の定義とはなにもじゃ?

ハンドメイドの作品とよく聞くもじゃけど、どんなイメージや認識を持っているもじゃかな。

もじゃの独断と偏見も多くあるかもしれませんが、もじゃが目指す作品において軸となる定義について話をしたいもじゃ。

もじゃにとってのハンドメイド作品において、大事な核となる部分、それが今回のテーマもじゃよ。

ハンドメイド作品とは

【手作り】ハントメイド作品の定義|ぬくもりのある作品を作りたい!

まず、ハンドメイドという言葉にはどんな意味があるのかみていくもじゃよ。

辞書での用語からまず見ていき、ハンドメイド作品について考えてみようもじゃ。

そして、「ハンドメイド」の反対の言葉についても調べてみれば、なにか見えてくるかもしれないもじゃね。

英和辞典での意味

英和辞典でのハンドメイドの意味をしり、定義を知るきっかけとしてみるもじゃよ。

下記が英和辞書で調べた「ハンドメイド」の意味もじゃ。

【Weblio英語辞典 英和辞典/和英辞典】
〈handmadeとは〉
・手製の、手細工の

なるほどもじゃね。

イメージどおり、手作りな作品!といったところもじゃね。

ちなみに反対の言葉は、

【Weblio英語辞典 英和辞典/和英辞典】
〈machine-made〉
・機械製の

となるもじゃね。

大型の機械を使って作品を量産するのは、確かにハンドメイド作品とは違う気がするもじゃね!

では、なにがハンドメイド作品として欠けてるもじゃかな?

ぬくもりがある作品が、ハンドメイド作品として大事な定義の一つになると思うもじゃ。

国語辞典での意味

先ほどは、英和/和英辞典での意味を調べたので、国語辞典からの意味もみてみるもじゃね。

下記が国語辞典で調べた「ハンドメイド」の意味もじゃよ。

【goo辞書】
〈ハンドメード(handmade)〉
・人の手で作ること。手製。手作り。

となってるもじゃね。

「人の手で」というところがポイントになりそうもじゃね。

既製品とパーツを組みわせた作品について

【手作り】ハントメイド作品の定義|ぬくもりのある作品を作りたい!先ほどの言語による定義を踏まえ、既製品のパーツを組み合わせた場合には、その作品はハンドメイド作品と呼べるもじゃかな。

 

例を使って考えてみるもじゃよ。

例)「ガラス玉」、「ネックレスの鎖」、そして「装飾品」を購入して自分なりに配置等を考えた作品。

それでは、上記の例を用いてハンドメイド作品と呼べるのかどうかについて考えてみるもじゃよ。

「ガラス玉」は、設備さえ整っていれば自分で作ることもできるもじゃね。

「ネックレスの鎖」も作れないこともなさそうもじゃ。

でも、でももじゃよ?

ガラス玉を使ったネックレスを作ろうとして、確かにガラス工房を自分で持ち、アクセサリーを作っている人もいるもじゃけど…

敷居が高い

「お手頃!」、 「手作り!」というよりは、『専門的が高い!』といった感じがするもじゃね。

しかし、実際に多くのハンドメイド作品なるものを調べてみると、ガラス玉を買い、鎖をかい、装飾品をつけたしょうな作品を「ハンドメイド作品」として販売している人も多くみられるもじゃよね。

石を手で殴ってへっこませたり、金属を作るために山に行き、木で木を擦って火を起こして、その火で溶かして…

すべてを手作業でやることだけがハンドメイド作品です!というのは少し無理がありそうもじゃね。

では、ハンドメイド作品における、「核となる部分」はどこにあるのかをもじゃ独断と偏見で定義してみるもじゃよ。

もじゃの思うハンドメイド作品の定義

【手作り】ハントメイド作品の定義|ぬくもりのある作品を作りたい!

他の作品とは違った、オンリーワンの作品がハンドメイド作品だと思うもじゃ。

同じような材料を使っても、「配置のセンス」や「色使い」、「材料選び」とオンリーワンな作品を作れれば、『ハンドメイド作品』と言えそうな気がするもじゃね。

自分のセンスを活かし、素敵な組み合わせで作品を作る、自分なりの工夫ができれば、ハンドメイド作品と呼べそうもじゃ。

創意工夫、丁寧に作り出す姿勢といった背景までが必要な要素なのかもしれないもじゃね。

オンリーワンな作品を作るために、素材となる材料に悩み、試行錯誤をする。

実験、研究を経て作成した作品には、その作品に込められた思いが、作品に現れると思うもじゃよ。

ハンドメイド作品はネットで注文して、手に取ることなく、他の人の評価などをみながら「これかわいい!ほしいな!ぽちっ」と購入する人も多いのではないじゃかな。

手に取ってよく作品をみて購入するのが1番いいと思うもじゃけど、ネット注文でみなさんが注意深く確認するのは「作品の説明」や「その作品への思い」、そして「様々な角度からの写真」、「作品数」などを参考にし、その作家さんの作品の色が見えれば、ほしいな!と考えて購入を決めていると思うもじゃ。

さいごに

【手作り】ハントメイド作品の定義|ぬくもりのある作品を作りたい!

今までで述べたことを踏まえ、もじゃの考える「ハンドメイド作品の定義」及び「ハンドメイド作品に込める想い」についてまとめるもじゃね。

ハンドメイド作品と言うために、もじゃは下記の3つを意識し、定義しているもじゃよ。

オンリーワンな作品であること。
創意工夫、丁寧に作成していること。
量産する作品でないこと。

もじゃは作品を販売するだけでなく、皆も同じようにすれば作れるように今後ゆっくりだけど記事等にしながら、みんなでハンドメイド作品作りを楽しめたらいいなと思っているもじゃ。

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です