暗号資産

「仮想通貨は終わった」名称が暗号資産に変更された意味とは。

仮想通貨は終わり?名称が暗号資産に変更された意味とは。

こんにちもじゃもじゃ。

仮想通貨/暗号資産の情報を常に追っている人はご存知だと思うもじゃけど、先日、仮想通貨と広く浸透していた名称が「暗号資産」に名称変更なったもじゃ。

金融庁によると、BTC(ビットコイン)等のインターネット上で取引される仮想通貨の呼び方を「暗号資産」に改めます、と2018年12月に発表されたもじゃ。

その背景には、日本円やドルなどの法定通貨と誤解される恐れがあるというのがまず1点もじゃね。

あとは、20カ国・地域(G20)会議などの国際会議で暗号資産との表現が主流である
ことから、日本でも統一することとなったようもじゃよ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
仮想通貨こわい…
もじゃめ
もじゃめ
よくないイメージが確かにあるもじゃね!

そもそも仮想通貨とは

仮想通貨のそもそもの定義について復習しようもじゃ。

仮想通貨は、広い意味で考えると、ゲーム内で使われる通貨などを含めることもあるもじゃね。

ここでいう、仮想通貨は、流通性や汎用性を持つ電子的な決済手段の意味で捉えてもらって構わないもじゃよ。

流用性:人的な交換可能性が高く、不特定多数の人々の間で決済手段として用いられる性質のこと。
汎用性:物的な交換可能性が高く、特定の商品・サービスとの交換に限定されない性質のこと。

仮想通貨を欲しい!と思った場合は、取引所に口座を開設し、法定通貨(日本なら日本円)で購入(交換)をして入手することができるもじゃね。

中には、もじゃの推している暗号資産ADAは2018年12月現在、国内の取引所で入手することができないため、直接日本円で購入することはできないもじゃけどね。

暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!
暗号資産ADA(エイダコイン)とは?Cardano(カルダノ)プロジェクトを知ろうもじゃ!特徴・将来性等について説明するもじゃよ!こんにちもじゃもじゃ! 暗号資産ADA(エイダコイン)を知っているもじゃか? Cardano(カルダノ)プロジェクトを知り、...

そして、仮想通貨と他の仮想通貨を交換することもできるもじゃね。

よく聞くのはBTC(ビットコイン)だと思うもじゃ。

【ぴたコイン】簡単予想で暗号資産BTC(ビットコイン)が貰えるアプリとは
【ぴたコイン】簡単予想で暗号資産BTC(ビットコイン)が貰えるアプリとはこんにちもじゃもじゃ。 予想が当てれば必ず暗号資産BTC(ビットコイン)がもらえる、簡単価格予想アプリで遊んでみようもじゃ。 ...

BTCでADAを購入(交換)、ETH(イーサリアム)でXRPを購入(交換)…とかもじゃね。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
基軸通貨でBTCはよく聞くもじゃね…
もじゃめ
もじゃめ
アルトコインって言葉もよくきくもじゃね!

仮想通貨と法定通貨の違いとは

法定通貨は、国家によって発行され価値が保証されているもじゃよね。

国家の経済政策等によって生じる価値の変動リスクは常にあるもじゃけど。

仮想通貨は、利用者による仮想通貨自身への信用しかないもじゃ。

そのため、その仮想通貨自身への信用で価値が保証されているもじゃから、価値の変動を主導するのは利用者側もじゃよね。

日本では、皆さんが頑張って汗水流して働いた対価としてのお賃金(給与の支払い)や一年間働いて稼いだ分の税金の納付については、日本円で行う必要があるもじゃよね。

日本ではの話ももじゃよ。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
仮想通貨の税率高すぎるもじゃ…
もじゃめ
もじゃめ
早くなんとかしてほしいもじゃね!

なぜ仮想通貨から暗号資産に名称が変更になったのか

今回名称変更に至った経緯としては、有識者で構成する「仮想通貨交換業等に関する研究会」が関係しているもじゃよ。

マネーロンダリングやテロの資金対策を審査する国際組織の金融活動作業部会(FATF)にならって『仮想通貨=バーチャルカレンシー』との呼び名が定着していたもじゃからね。

しかし、G20会議の共同声明などでは『暗号資産=クリプトアセット)』と呼んでいたもじゃ。

送金や支払いなど決済手段として使う場合には「通貨」との呼び名がわかりやすいもじゃよね。

もじゃも、『暗号資産?通貨のほうがわかりやすい…』とは思ったもじゃけどね。

知ってのとおり、仮想通貨は非常に荒い値動きをするもじゃ。

その値動きに着目し、投機的な売買も多い(限りなく投機)ため、法定通貨のような決済手段とは区別すべきだ!!!と言われていたもじゃからね。

最近の国際的な場では『暗号資産(Crypto Asset)』という表現がよく用いられており、日本でも正式に名称変更することになったもじゃな。

仮想通貨交換業の研究会報告書によれば、暗号資産とする理由は「法定通貨との誤認防止のため」としているもじゃ。

2018年はよく耳にしたであろう、仮想通貨が絡んだ詐欺事件や盗難事件も背景にあるのではないか、と思うもじゃよ。

国際的に仮想通貨と呼ばれているわけではない

仮想通貨は、海外では「crypto currency(クリプト・カレンシー)」と一般的に
呼ばれているもじゃね。

「crypto currency(クリプト・カレンシー)」を直訳すると、「暗号通貨」となるもじゃね。

しかし、日本で暗号通貨という言葉は広がらなかったもじゃ。

なぜかというと、マスコミが最初に付けた「仮想通貨」という呼び方が広がったからもじゃね。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
悪い話はすぐ広まるもじゃね…
もじゃめ
もじゃめ
いい話もたくさんあるのにね!

暗号資産としての今後について

ご存知の方は多いですが、仮想通貨交換業者「コインチェック」で、約580億円分の不正流出事件などが起きたことにより、仮想通貨こわい!危ない!!!というのが一気に広がったもじゃね。

暗号資産自体が危ない(全てではないが)、交換業者によるずさんな経営実態などが世界上で相次いで起こったことにより、仮想通貨という言葉は悪いイメージがついたもじゃね。

そのようなことがあり、金融庁は仮想通貨業界に対し厳しい指導を行うことになったもじゃね。

世界的にも仮想通貨が、「マネーロンダリング(資金洗浄)」などに使われるのではないか、といった懸念も高まっており、G20では、すでに国際的な規制強化で合意しているもじゃね。

一度ついてしまったイメージは、特に悪いイメージというのは払しょくするのは難しいと思うもじゃね。

なにごとにおいてももじゃよ。

『暗号資産(crypto asset)』という新たな呼び名はみなさんどう思うもじゃ?

『暗号』はいいかも!という声は結構聞くもじゃね。

しかし、やはり資産よりは『通貨』でしょ!という声も多く聞くもじゃな。

暗号通貨、ならしっくりきたのかもしれないもじゃけど、仮想通貨より、暗号資産のほうが、まだましなのかな、と思うもじゃ。

世間では、「仮想通貨終了のお知らせ」とかそういった話をよく聞くもじゃね。

たしかに、2018年だけみれば、最高値からの下落は大変恐ろしいもじゃな。

だけども、何年もかけて大きなアップダウンを繰り返し成長しているもじゃよ。

もじゃに言わせれば、終わったという声は非常にチャンスたと思うもじゃ。

悲観で買い、喚起で売るというのは鉄則もじゃね。

みんなが欲しがらない時にいかに買い集めることができるのか、そこの1点もじゃね。

とすると、みんなが終わった!!!と言ってくれるほどありがたいもじゃ。

世間が忘れたころに、大きくなっているんだとうな、そう思っているもじゃよ。

ブロックチェーン技術を利用した技術革新は、まだまだこれからが本番もじゃ。

ブロックチェーン(分散型台帳技術)とはなにもじゃ?暗号資産との関係性等も気になる言葉もじゃね!
ブロックチェーン(分散型台帳技術)とはなにもじゃ?仮想通貨・暗号資産との関係性等も気になる言葉もじゃね!こんにちもじゃもじゃ。 最近よく聞く、ブロックチェーンってなんだろうもじゃね? ブロックチェーンとは、分散型台帳技術のこともじゃ! ...

『仮想通貨は終わった』

そう、イメージの悪い「仮想通貨」は終わり、新たに「暗号資産(crypto asset)」として始まったもじゃね。

闇もじゃめ
闇もじゃめ
よいイメージになるといいもじゃね…
もじゃめ
もじゃめ
今後の発展にますますの期待しかないもじゃ!
【仮想通貨税制を変える会】仮想通貨(暗号資産)の最高税率は55%|あるべき形へ変えよう!
【仮想通貨税制を変える会】仮想通貨(暗号資産)の最高税率は55%|あるべき形へ変えよう!こんにちもじゃもじゃ。 今回は、仮想通貨(暗号資産)の税制についてお話するもじゃ。 仮想通貨(暗号資産)に興味がない方も、そ...
闇もじゃめ
闇もじゃめ
発展のためには、税制も変わらないともじゃ…
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です